災害対応
Main Menu
言語選択(Select language)
information

【Kyodai Haptics wins second prize in Student Challenge, AsiaHaptics 2018】
A team from our lab have participated and won “2nd in place” prize in the “Student Challenge in Automotive Haptics", which took place from 14-16 November in Incheon, Republic of Korea. ⇒詳細

【World Robot Summit 2018 災害対応標準性能評価チャレンジにおいてチーム「SHINOBI」が優勝しました】
2018年10月17〜21日にかけて行われました World Robot Summit 2018 の災害対応標準性能評価チャレンジにおいて,当研究室と東北大学の多田隈准教授のグループとの合同チームである「SHINOBI」が優勝致しました. ⇒詳細

【IEEE Spectrum video fridayで当研究室の梯子登りヘビが取り上げられました】
2018年10月1〜5日にかけて行われたIROS2018で,当研究室の竹森(D1)が発表した内容(「Ladder Climbing with a Snake Robot」)がIEEE Spectrumのvideo fridayで取り上げられました. ⇒詳細

【京大先生シアター】
京大先生シアターで松野教授が紹介されました. ⇒詳細

【ヘビロボットによるはしごの昇降を実現しました】
2017年11月9日に行われたImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジ 第五回フィールド公開評価会で、世界初となるヘビロボットによる梯子昇降を発表しました.

参考動画



【探検! 京都大学で本研究室が紹介されました】
探検! 京都大学で松野研究室が紹介されました. ⇒詳細
Welcome to Matsuno Lab
Our Laboratory has been engaged in three broad areas of research that relate to each other and the human surroundings; "Control", "Rescue", and "Interface". We aim to really understand the human essence and build mechanical systems - which are based on mechatronics technology - that are useful for mankind. Our policy of education and research allows the students to enjoy the essence of the research with a self-learning and motivating method that aims towards the novel findings which include theory and system development and mechatronics experiments. Through studying mechatronics, students can learn not only about mechanical engineering but also control, electronics engineering and advanced computer programming.
Fumitoshi Matsuno, Hiroaki Fukushima, Hemma Philamore, Takahiro Endo

What's new
Watch all news
コンタクト

京都大学メカトロニクス研究室
TEL/FAX : 075-383-3596(学生室),075-383-3593(教授室)
mail: info[@マーク]mechatronics.me.kyoto-u.ac.jp