メインメニュー
言語選択(Select language)
全てのニュース > 京大メカトロニクス研究会
京大メカトロニクス研究会 : 第1回京大メカトロニクス研究会のお知らせ
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2009/10/20 6:37:09 (2730 ヒット)
第1回京大メカトロニクス研究会

考える(想う)だけでマシンを制御できるブレイン・マシン・インターフェース
(BMI: Brain Machine Interface)の最先端の研究をご紹介いただきます。
専門外の方にも分かるように、ご講演をお願いしておりますので、
是非ご参加いただけますよう、ご案内申し上げます。


日時
 2009年10月23日(金) 15時30分から17時

会場
 京都大学 吉田キャンパス 本部構内
 工学部 物理系校舎 112講義室
 http://www.me.t.kyoto-u.ac.jp/en/access/top/index_html

講演者
 田中一男教授 電気通信大学

講演タイトル
 脳波で動く車椅子システムの開発
  ―工学者の視点からのBMIシステム構築―

概要
 我々は脳波で動く車椅子システムの開発を行っている。
このシステム開発では、脳機能解明を目的としている
生理学的・脳科学的な基礎研究の成果を積極的に取り
入れつつも、これらの基礎研究とは対極に位置づけら
れる利用者のQuality of Life (QOL)の向上に直結する
Brain-Machine Interface (BMI)システムの構築を目指
している。具体的には、現状の許容される(コストを含めて)
脳機能計測装置の利用を前提に、なるべく実用性が高く、
しかも、携帯可能なBMIシステムを構築し、
車椅子操作への適用を行っている。将来的には、携帯
可能である特徴を最大限に活かし、車椅子操作を含めた
複数の異なる生活支援機器(食事支援ロボット、コン
ピュータゲーム、など)のシームレスな使用を実現することで、
利用者のQOLを最大限に向上させることを目指して研究を
行っている.